オラオラッシュを支える技術

Written by shoota

この記事はジョジョの奇妙な冒険 Advent Calendar 2013の12/11の記事です。 お時間がある方はタイピングオラオラッシュタイピング無駄無駄もやってみてください。

好きな主人公

シリーズを通して、部によって主人公が変わっていくのもジョジョの魅力の一つだと思います。 そのなかでも僕は空条徐倫が好きです。それはおそらく、彼女が最も一般人であるからだ思います。 濡れ衣で刑務所に服役している一般人。その彼女が様々な機転と強い意志でプッチ神父と渡り合う様は胸を熱くさせずにはいられません。

好きなスタンド

エアロスミスです。生き物の姿をしていないスタンドが僕は好きなのですが、そのなかでもエアロスミスは抜群にかっこいい。 空を飛べるスタンドというのも魅力的で、それだけで適用性が高いというか、スタンドは精神の力なので空を飛ぶとか普通にできそうな感じがするのに、それをあえて能力の長所として全面にしたスタンドというのは、 なにか男のロマンを感じざるを得ません。

好きなキャラ(主人公以外)

イギーです。「イギー」とスタンド「ザ・フール」、どちらも「愚か」ですが、彼は本当の愚者ではなく、愚者を装った賢者であるところに魅力があります。 つまらない相手には馬鹿にさせておけばいい。自ら馬鹿にされることで状況を有利にする。それは僕自身の考え方からとても共感できるし、哲学でもあります。 子どもを放っておけなかったり、仲間のために命を賭してスタンドを動かすアツさも萌えます。 「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」では、CVに北斗の拳やキョウリュウジャーでおなじみの千葉繁さんが採用されているのも萌えポイントですね。

好きな敵

プッチ神父です。冷静さと人間味を併せ持つなんともいえないバランスを持った敵だと思います。DIOよりも全然いい。 各々の人生が交わり、ぶつかり、全力で戦い抜く姿は敵味方を忘れて心を震わせる。純粋な野心、臆病さ。臆病であるが故の強さ。憧れすら抱いてしまいます。 「『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字……わたしに勇気を与えてくれる」はあまりにも有名ですね。

オラオラッシュを支える技術

Advent Calendarに空きがあったので、遊びのつもりでタイピングオラオラッシュを書きました。 まぁ、技術というほど大したものは使っていないので、タイトルは完全に釣りでした。本当にありがとうございました。

個人的には初めてJavascriptでキーバインドを取得するという処理を書いたので、それが一応のところ僕のオラオラッシュを支えていると思っています。

//jQueryベース
$body.on('keypress', function( event ) {
  // keycode map
  if( event.which === 111 ){
    //"o"を押されたときの処理.....

実装するときに調べて初めて知ったのですが、keypressで取得されるコードってブラウザ依存なんですね。 アルファベットキー(っていうのか知らないけど)は大体同じみたいなので今回はあまり関係なかったのですが。

あと、「The World」がかかるときに、CSScursor: waitを指定していて、マウスポインタがくるくる回るUIになるのも気に入っています。 実装するときに書きながら思いつきでやってみたんですが、意外と存在感があった。前から薄々感じてはいたけれど、Look&Feelを変えるのっては結構インパクトあるんですね。

Advent Calendarについて

この業界はなぜかジョジョ好きな人が多いので、今回、カレンダーをつくらせてもらいました。特にAdventarの運営や開発をされているhokacchaさんやjune29さんが参加してくれたのがとてもうれしいです。 12/11現在でまだまだ枠が空いています。もしジョジョへの思い入れが少しでもあったら、twitterでつぶやくだけでも大歓迎なので、ご参加ください。

この記事はジョジョの奇妙な冒険 Advent Calendar 2013の12/11の記事です。